愛車のカスタマイズを検討中!自分の趣味に合った装飾

カスタマイズで愛車を自分好みの車に

おすすめリンク

自分でできる車のウロコ取り

車のウロコが目立ってきたけどそのままにしている方も多いのでは?ウロコ取りの方法をご説明します。

世界に一台だけの自分だけの車を作る

車や単車のカスタマイズには大きく分けて、3つあると言われています。
見た目を個性的にする「ドレスアップ」、内装や使い心地を追求した「ユーティリティアップ」、走りや機能性を重視した「チューンアップ」です。
どのカスタマイズをしても、世界に一台だけの車になることは間違いありません。

初心者でも自分で出来るカスタマイズでしたら、ハンドルカバーを変えてみる、シートカバーをつけてみるなどの「ユーティリティアップ」があげられます。最近だと、LEDライトを車内に取り付けて照明を楽しんだりも流行しているようです。電気系統の作業が必要になるとお店に持ち込みが必要になるかもしれませんが、「ユーティリティアップ」は比較的初心者にハードルの低いカスタマイズになります。

車体の色を変えたりマフラーを変えるなどは「ドレスアップ」になります。
ボディカラーを純正にはない色にしたり、部品をオリジナルのものにして、他の車より個性的にする事です。
これはお店で作業をしてもらわないと中々難しいかもしれません。

最後に「チューンアップ」についてですが、上記2つのカスタマイズとは少々異なります。というのも、「カスタムカー」と「チューニングカー」は両方とも「改造」の意味合いをもっていますが、「チューンアップ」「チューニングカー」については、元々のエンジンを好みに合わせて整える事、「カスタム」はそれ以上の範囲を指すなどと言う解釈もありますし、「ドレスアップ・ユーティリティアップ」は「カスタムカー」で「チューンアップ」は「チューニングカー」なので「カスタムカー」「チューニングカー」とは別物という解釈もあります。
どの解釈も愛車をより良くしたいという気持ちから出てきている言葉なのかもしれません。
こちらのサイトでは、おもに「ドレスアップ」「ユーティリティアップ」のカスタマイズに関してご紹介しようと思います。